2015-11-21

Android Studio 1.5 へのアップデート

11 月 19 日に Android Studio 1.5 の安定版がリリースされましたので、早速アップデートしてみました。
Android Studio 1.5 のアップデート詳細は以下に記載があります。
[android-developers.blogspot.mx]

Android Studio のアップデート


以下にアップデートの手順を記します。

2015-11-15

Android Studio でカメラアプリにフラッシュを追加

今回はカメラアプリにフラッシュ機能を追加してみます。

前回までの記事

setFlashMode() メソッドでフラッシュモードを設定する


写真を撮影するときにフラッシュ機能を使うには Camera.Parameters に setFlashMode() メソッドでフラッシュモードを設定します。設定できるフラッシュモードは以下の通りです。
  • FLASH_MODE_OFF
  • FLASH_MODE_AUTO
  • FLASH_MODE_ON
  • FLASH_MODE_RED_EYE
  • FLASH_MODE_TORCH

2015-11-08

Android Studio でカメラアプリにメディアスキャンを追加

前回までに作成したカメラアプリでは、撮影した写真がアルバムアプリに反映されるようになっていませんでした。今回はアルバムアプリに反映されるようにカメラアプリにメディアスキャンを追加します。

前回までの記事

scanFile() メソッドを追加する


写真をアルバムアプリに反映するには MediaScannerConnection クラスの scanFile() メソッドを実行します。scanFile() メソッドの第2引数にはスキャンするファイルのパスを、第3引数にはメディアの種類を渡します。

Android Studio でカメラアプリにグリッド表示を追加

前回までに作成したカメラアプリを使って、写真をより良く撮影できるように補助線となるグリッドを表示できるようにします。

前回までの記事


Grid クラスを作成する


グリッドは複数の線分を描画するだけなので CanvasdrawLines() メソッドを使って Grid クラスを作成します。

Android Studio でカメラアプリにオートフォーカスを追加

前回までに作成したカメラアプリではフォーカスが変化しないため、ピントの合っていない写真が撮れてしまうので、今回はオートフォーカス機能を追加します。

前回までの記事


AutoFocusCallback の実装


オートフォーカスを実行するには Camera.autoFocus() メソッドを呼び出します。ピントが合ったタイミングで Camera.takePicture() メソッドが呼ばれるようにするため AutoFocusCallback を実装し Camera.autoFocus() メソッドにコールバック登録します。

Android Studio でカメラアプリにシャッター音を追加

前回作成したカメラアプリは、撮影時のシャッター音が鳴らないようになっていました。今回は撮影時のシャッター音が鳴るようにしてみました。

前回までの記事


ShutterCallback の実装


takePicture() メソッドの第一引数を null にしておくとシャッター音が鳴らないようなので、ここに ShutterCallback を実装することでシャッター音が鳴るようになります。